KASHIMA OFFSHORE WIND FARM
鹿島港洋上風力発電事業

日本最大規模の
洋上風力発電所を
鹿島港沖に建設予定

陸上よりも安定してより大きな風力を得ることができる洋上風力発電。ウィンド・パワー・グループ、及び、その企業グループ(WPグループ)では、陸上での風力発電事業に加え、日本で初めての本格的な洋上風力発電事業(ウィンド・パワーかみす洋上風力発電所)を手がけるなど、日本の風力発電事業をリードしてきました。その事業ノウハウを活かし、数年後の稼働を目指し現在計画を進めているのが、茨城県鹿島港沖に建設予定の事業用としては日本最大規模となる大規模洋上発電所です。
(このページの記載内容は、「認定公募占用計画 第1回変更」(平成30年3月22日認定)に基づいています。)

総面積640ha!36基の大風力発電機

総面積640ha!
36基の大風力発電機

日本屈指の工業地帯「鹿島臨海工業地帯」に立地し、東京というエネルギーの大消費地にも近いという、大きなメリットを持つ鹿島港。その洋上640haの面積に36基もの大風力発電機を備え、総発電出力は187,200kWを予定しています。

大規模洋上風力発電で電力の供給に貢献

年間出力約4億kWh
約11万世帯の電力を供給

仮に36基が一年間フル稼働した場合、電力量は年間約4億kWhにも上り、これは一般家庭にして約11万世帯分(約30万人)の年間消費電力量を補えるほどのものです。これからの日本の洋上風力発電をリードする、重要な施設となることは間違いありません。

発電所概要

発電所名
大規模洋上風力発電所 鹿島港洋上風力発電事業
所在地
茨城県鹿島港湾区域の護岸から約1,200~1,600mの水域
運営会社
株式会社 ウィンド・パワー・エナジー
規模
北側区画:93.6MW / 南側区画:93.6MW / 総出力187.2MW
発電量
年間総発電量 約400,000,000 kWh
(一般家庭約11万世帯分の年間消費電力量相当)
備考
  • 平成23年度 風力発電施設等に係る改正アセス法手続先行実施モデル事業(環境省)
  • 平成25年度 着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(茨城県鹿島港沖,NEDO)
  • 平成27年2月 鹿島港南海浜地区等の洋上における風力発電事業の実施に係る協定書(北側)を締結
  • 平成30年3月 鹿島港再生可能エネルギー源を利活用する区域における洋上風力発電事業の実施に係る協定書(南側)を締結